債務整理の準備

金融機関からお金を借りる場合は返済することも条件としてお金の借り入れをしているわけですが、今は審査が厳しくなっているのでお金を借りることができているという事実があると言うことは借りた時点では返済できていたということでもあります。

しかし返済している途中で何らかの理由から返済することがむずかしくなってしまうということは可能性として十分にあり、このような場合に借金を法的に解決させていく債務整理を検討することもあります。

債務整理の中には任意整理や特定調停、自己破産などがありますが、いずれの場合も一人で手続きをしていくことは困難であることが考えられるので弁護士や司法書士に相談をして対応してもらうのが一般的となっています。

債務整理の手続きについては債務整理の種類によって変わり、借金の総額などによっても時間は変わってくるので相談をする段階から適用が予想される債務整理についても考えておく必要があります。

また債務整理をする場合はお金も必要になってくるので総額でかかる費用の概算を出してもらうこと、お金が無いことも想定されるので分割払いに対応しているのかというのもあらかじめ聞いておきたいポイントになってくるので確認しておくとよいでしょう。

借金債務整理ランキング

債務整理の前に考えたい収支のバランス

借金をして返すことが出来なくなった場合に債務整理による借金解決策がありますが、この方法による借金問題解決というのは借金を減らして完済しやすい状態を作ることや借金をリセットさせて生活をリスタートさせるものです。

債務整理をする前に考えておきたいのが収入をどうやって増やしていくのかということで、借金の返済ができないという状態であっても収入がある程度増えてくると返済ができることもあります。

借金返済ができなくて困っている人の中には休みの日も返上をして仕事をしているような人もいるのですべての人に共通して言えることではないものの、債務整理をする以外の方法を自分で考えて借金と向き合うというのは必要なことではないかと思います。

また支出の見直しというのも必要であり、生活費を節約してそこからお金を捻出することができれば借金返済にそのお金を充てることができるので借金の返済がスムーズに前に向いて進むことも十分に考えられます。

生活の収支のバランスの見直しをしてそれでも返済をすることが困難であると感じた場合に債務整理を含めて借金整理を法的に解決させていくための判断材料の一つになってくると思うので最初から債務整理を考えないようにしましょう。

債務整理ができないこと

借金を作ってしまったきっかけはいろいろありましたが、インターネットバンキングという便利な金融サービスが誕生してからお金が必要になった後は気軽に借りるようになりました。

お金を借りることに対しての抵抗感は借り始めた当初はかなりあったように思いますが、しばらくすると少額の借り入れでは抵抗感などを感じることもなくなり、借り入れが大胆になっていたように記憶しています。

借金が多額になって自力で返済することができなくなってしまった時には手遅れになっていて、自分でやりくりをするだけで借金問題解決ができる状態ではなくなってしまっていたので債務整理を検討することにしました。

私は自己破産をするしかないと思っていたのですが、この方法による債務整理が私の作った借金の理由において免責不許可事項に該当することから他の債務整理での検討が必要になりました。

民事再生による債務整理で借金解決をすることになったのですが、誰でも債務整理をすることができるわけではなく状況によっては借金地獄のままで生活をしないといけないこともあるようです。

債務整理の条件をきちんと確認して債務整理ができる状況にあるのかということも相対的に判断して手続きを進めていくことが大切です。